美容整形のデメリット
プチ整形で失敗しないために


スポンサードリンク

レーザー光線のメリットデメリット

フォトフェイシャルとは?

  最近、美容整形の中でも切らないプチ整形が増えていますね

それらの中でも、レーザー光線によるアザ・しわ取りだけでなく、フォトフェイシャルとか、フラッシュIPLと呼ばれるものがあります

レーザー光線は、一点集中なのに対して、フォトフェイシャル・フラッシュは、広範囲に弱いエネルギーを発射します

レーザーが、アザ治療に利用されていて、皮膚がポロっとはがれるのに較べたら、フォトフェイシャル・フラッシュは、顔全体の赤みを取ったり、全体のシミ・しわ取りに効果があります

また、極端な言い方をすれば、黒にしか反応しないレーザーではなく、たとえば赤い色に反応してくれれば、顔の赤みが取れるということも可能だと思いませんか?

それぞれの色によって反応するレーザー光線を組合わせて照射すれば
赤ら顔にも効果的で、たるみやキメにも効果があるわけです
そういう意味で、さまざまなレーザーを組み合わせたものがフォトフェイシャル・フラッシュであると言えますね

ただ、1回で満足のいく結果はむずかしいでしょう
何度か繰り返し、フォトフェイシャル・フラッシュを受ける必要がありますよね

顔の1ヶ所のシミやアザではなく、顔全体のくすみやたるみ、また赤ら顔を治したいというのであれば、フォトフェイシャル・フラッシュIPLなどが有効なわけです

 フェイスリフトのデメリット@フェイスリフトで失敗しないために

レーザー光線のメリットデメリット

レーザー光線のしみ・しわ取り効果

   レーザー光線は、現在多くの美容整形で活躍しています

レーザー光線は、メラニンや黒い色素には非常によく吸収されるのですが、コラーゲンには破壊されません
この性質を利用して、アザやシミの美容整形に利用されてきました

このレーザーを使っているうちに、嬉しい副作用が見つかったのです
それは、レーザーで脱毛ができるということです

人間の体毛には黒い色素がありますが、体毛の元の細胞にはメラニン色素がありません
そのため、レーザーで脱毛することは不可能だったのです
しかし、少し長い時間レーザー光線を照射していると、体毛に吸収された熱が元の細胞まで伝わり、これを破壊してしまうことがわかりました

さらに、レーザー光線の照射時間を調節することで、体毛の元の細胞は破壊されるけれども、近くにある正常な細胞は大丈夫なわけです
この方法が現在行われている脱毛のレーザー治療です

またもう一つわかったことは、レーザー光線は、シミやしわ取りにも効果があるということです

レーザーの力を強くすると、その部分がやけどしてしまいますが、弱い力で何度も照射することで、その部分のキメが細かく、シワも消えていくということが偶然わかってきました

このようなことから、現在美容整形で行われるレーザー光線は、脱毛やシミ・しわ取りに有効なのです

 フェイスリフトのデメリット@フェイスリフトで失敗しないために


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。