美容整形のデメリット
プチ整形で失敗しないために


スポンサードリンク

脂肪吸引

脂肪吸引で豊胸手術は有効?

  脂肪吸引してそれを自分のバストに注入して豊胸は可能か?

むずかしいらしいですよ
おなかなんかの余分な脂肪を垂れてきたバストに注入できれば一石二鳥なんですが、それが出来たら本当にいいなとは思います

しかし、脂肪といっても血管が通ってるものなので、吸引した時に一時的に血流が止まるでしょ?
それを再びバストに注入させても血が通って生きた脂肪になることは絶対とは言えないそうです
注入した脂肪が壊死してしまうとしこりになったり、あるいは自分の身体に吸収されてしまうことが多いらしいです

また最近は、脂肪組織の中に脂肪を再生させる幹細胞が含まれているから脂肪注入は豊胸に有効と宣伝してるとこもあるようですが、幹細胞さえあれば脂肪が再生できるかというとそんな簡単なものではないようですよ

幹細胞を移植するということも脂肪組織ができるということも医学的にはなんの証明もないそうです
しかも後遺症の恐れもあるらしいので、単純には信じられませんね

脂肪吸引してその脂肪をバストに注入できたら、自分の脂肪なんだから拒絶反応もないだろうし、と素人は考えますよね

どうもそう簡単なものではないようです >脂肪吸引
信頼できる外科医に十分説明を聞いてくださいね

フェイスリフトのデメリット@フェイスリフトで失敗しないために

脂肪吸引

脂肪吸引で死亡とは?

  フェイスリフトデメリットフェイスリフト失敗しないために

 脂肪吸引で死亡というショッキングなタイトルですが、事実です

 1970年代に始まった脂肪吸引には、これまで国内海外共に、脂肪吸引 での死亡例は、わずか 0.数% あります

 これを多いと見るか? 少ないと見るか? 

 脂肪吸引とはいえ、麻酔をして身体に棒のようなものを突っ込んで
 脂肪吸引するわけですから、リスクは伴います

 必ず、麻酔科専門医がいる美容外科を選んでください
 脂肪吸引の際、全身の管理がなされている美容外科を探してください

 最近は、脂肪吸引以外にも、皮膚の表面から超音波を当てて、脂肪細胞
 を破壊するという新しい方法もあるそうです

 また、脂肪を溶かす薬剤を皮下脂肪に直接注射するというのもあると

 いずれにしても、脂肪吸引ほどの効果はないらしく、また安全性に
 ついても、はっきりしたことはわかってないようです

 脂肪吸引をお考えでしたら、必ず、麻酔科専門医が常駐する美容外科を
 選び、事前に十分なインフォームドコンセプトを受けてください

 脂肪吸引に限らず美容整形に関しては、インターネットや雑誌などに
 たくさんの情報があります

 納得できるまで情報収集してから、行動してくださいね


       今日も見てくれてありがとう! 感謝します!

    → 美容情報満載
    ⇒ アンチエイジング情報
 
 
フェイスリフトのデメリット@フェイスリフトで失敗しないために 

 


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。