美容整形のデメリット
プチ整形で失敗しないために


スポンサードリンク

フェイスリフトの後遺症

フェイスリフトの後遺症外来

 フェイスリフトデメリットフェイスリフト失敗しないために

 フェイスリフトに限らず、美容整形や美容外科で後遺症が残った場合
 治療してくれる専門の後遺症外来があります。

 後遺症とは、何らかの治療を受けてのち1年以上たっても傷が
 残っていたり、変形したままだったり、苦痛を伴っていたり。。。

 後遺症1. バストアップ(豊胸)の手術を受けたけど、固いしこりが
 残っていたり、変形していたりとか

 後遺症 2. フェイスリフト後の傷がいつまでも消えない
 後遺症 3. 脂肪注入をしたけれど、表面がデコボコしていたり 
 後遺症 4. 乳がん摘出後に、乳房再建をしたい
 後遺症 5. とにかくおかしくなったから出来れば元通りに戻したい

 これは、形成外科の範疇になるそうです。
 万一、フェイスリフト失敗したら、後遺症に関しては、形成外科を
 訪ねてみるのも解決の糸口になるかもしれません。

 フェイスリフトにはデメリットはあります。
 フェイスリフト失敗しないためにも、十分情報を集めて下さい。


  お役に立ちましたらクリックお願いします → 人気blogランキングへ

 フェイスリフトのデメリット@フェイスリフトで失敗しないために
 

フェイスリフトの後遺症

顔面神経損傷の失敗


   フェイスリフトデメリットフェイスリフト失敗しないために

 顔面神経の損傷と書くと、なんだか怖そうですよね・・・^^

 これは、フェイスリフトの施術の際、間違って神経まで切断して
 しまったために起こる後遺症です。

    フェイスリフトの神経切断のデメリット

  デメリット1. 神経切断されると、左右対称の顔にならない
  デメリット2. 笑ってもそうは見えない
  デメリット3. 常に顔が引きつって見える
  デメリット4. 顔のゆがみやしびれが残る

 これらの症状が1年以上残る場合は、明らかに後遺症ですね。。。

 こういうデメリットを事前に防ぐためには、十分な話し合いを
 納得いくまで説明してもらうことは重要ですね。

 どうしても、納得できないなら、そこでやめることも出来ます。
 一度切開して切断されてしまうと、二度と元通りにはならないと
 リスクは大きいのだと自覚してください。


   リフトアップして ブログにクリック → 人気blogランキングへ



×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。