美容整形のデメリット
プチ整形で失敗しないために


スポンサードリンク

フェイスリフトの傷跡

フェイスリフトの傷はどれくらい残る?

  フェイスリフトデメリットフェイスリフト失敗しないために

 さて、フェイスリフトで切って縫った痕って、どれくらいで消える
 のでしょうか?

 が残るには、個人差があります。
 虫に刺されたも残りやすい人っていますよね?
 切りがケロイドになりやすい人っていますよね?

 おおまかに

         3ヶ月 〜 6ヶ月 

 体質も関係しますから、一概には言えません。
 手術したとこは、かなりの緊張がかかってますから、くれぐれも
 無理をかけないでくださいね。

 赤く盛り上がってるようならば、担当の美容外科医にご相談ください。
 ケロイドになる前に処置した方がいい場合もあるようです。

 そうでなければ、半年は様子を見た方がいいようですよ。

 フェイスリフトに関しては、ここにもあります。


    お役に立ちましたら → 人気blogランキングへ

  フェイスリフトのデメリット@フェイスリフトで失敗しないために

 

フェイスリフトの傷跡

フェイスリフト後の傷痕

 
 フェイスリフトデメリット@   フェイスリフトで失敗しないために

 フェイスリフトでは、耳の前後に切れ目を入れます。

     フェイスリフト後のデメリット

 デメリット1. この傷痕がたまにケロイド状になったり・・
         アフターケアをしてもらえるクリニックを!

 デメリット2. 耳の後ろの傷痕は髪の毛で隠せるけど耳の前の傷痕
          見えます。

 デメリット3. クリニックの医師の腕の見せどころでしょうが、数ミリの傷痕
          残ります。

 デメリット4. フェイスリフトでは、髪の毛の中にも切れ目を入れます。
         この傷痕は細い線のようなハゲとして残ります。

 デメリット5. 体質により、赤っぽく残ったり、白っぽく残ったりします。

 フェイスリフト後の傷痕として気になるのは以上ですが、ヘアスタイルや
 メイクで十分隠れる程度の傷痕であればラッキーでしょう。


  リフトアップして ブログにクリック → 人気blogランキングへ



×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。