美容整形のデメリット
プチ整形で失敗しないために


スポンサードリンク

フェイスリフトの施術時間

フェイスリフト後のダウンタイム

 フェイスリフトデメリットフェイスリフト失敗しないために

 フェイスリフト後のダウンタイム(人前に出られるようになるまでの
                    時間)
 おおまかなところで、10日間
 体質にもよるし、クリニックの処置にもよるでしょうが、だいたい
 10日間のようです。

 まず、手術直後は包帯でぐるぐる巻きにして圧迫するそうです。
 圧迫を2日間。

 包帯を取ってもまだ腫れてます。
 その腫れが引くのが、手術から10日後くらいだそうです。

 腫れが引いても、首のあたりは黄疸のような色になっていたり
 耳のまわりは、内出血の赤みが残っていたり、中には耳の下にコブ
 のようなものができていたりと、様々です。

 ダウンタイムは、避けられない時間ですね。
 仕事の都合などで、ダウンタイムが取れないのならフェイスリフト
 むずかしいと思いますよ。

 切って伸ばして縫うんですから、ダウンタイムはやむを得ません。
 自分自身の身体のために、最低でも2週間くらいのダウンタイム
 取ってあげたいですね。

 フェイスリフトの施術時間のことは、ここにもあります。

   お役に立ちましたら → 人気blogランキングへ

   フェイスリフトのデメリット@フェイスリフトで失敗しないために
  


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。