美容整形のデメリット
プチ整形で失敗しないために


スポンサードリンク

切らないフェイスリフト

プチ整形とは?


  フェイスリフトのデメリット@フェイスリフトで失敗しないために

 切らないフェイスリフトとして、よく聞くのがプチ整形と呼ばれる
 ものですね

 このプチ整形というのは、医学用語でもなんでもなくて、ただ
 切って縫ってというのに抵抗がある人にとっては、手軽にできる
 だろうとイメージだけで一人歩きしてる言葉ですって

  プチ整形と呼ばれるもの

        1. レーザーや光、ラジオ波による治療
 
        2. ケミカルピーリング

        3. コラーゲン・ヒアルロン酸などの注入

        4. ボトックスによるシワ取り

        5. 特殊な糸による頬の吊り上げ法

        6. 埋没法による二重まぶた


  などが、プチ整形と言われていますが、手術する勇気はないけど
  少しでも、このシワとたるみをなんとかしたい! という方には
  確かに手軽に聞こえますよね

  でも、プチ整形であろうと、ミニ整形であろうと、医療に関する
  ことである以上、必ずリスクは伴います

  情報を集め、信頼できる美容外科医と納得できるまで話し合い
  十分なインフォームドコンセプトの上、書類にサインしてくださいね  


  お役に立ちましたら → 人気blogランキングへ

ブログトップランキング


   フェイスリフトのデメリット@フェイスリフトで失敗しないために

切らないフェイスリフト

真皮はコラーゲンで出来てる!

 フェイスリフトデメリットフェイスリフト失敗しないために

    真皮はコラーゲンで出来てる!

    真皮はコラーゲンで出来てる!

 切らないフェイスリフトとして、コラーゲン注射がありますね。

 皮膚は、表側から、表皮、真皮、皮下脂肪の3層構造で出来てます。
 お肌のハリやしわの原因の大部分は真皮にあります。
 真皮のほとんどは、コラーゲンから出来ており、そのコラーゲン
 作り出す細胞が、肌コラーゲン細胞(真皮線維芽細胞)です。

 つまり、この真皮まで届くコラーゲンを化粧品として使わないと意味が
 ないわけです。

 または、身体の内側に取り込むために、飲むコラーゲンですね。

 そして、究極の方法が、コラーゲン注射です。


  お役に立ちましたら → 人気blogランキングへ

 フェイスリフトのデメリット@フェイスリフトで失敗しないために


切らないフェイスリフト

サーマクールのデメリット

  フェイスリフトデメリットフェイスリフト失敗しないために

 切らないフェイスリフトサーマクールがあります。

 サーマクールデメリットに関しては、先にも書きました。
 簡単に言うと、ヤケドをした後って、皮膚が引き連れるでしょ?

 表面にはヤケドを全く与えずに、内面(真皮)だけ軽いヤケドを
 させてしまおうというのがサーマクールです。

 サーマクールは、皮膚(真皮)にダメージ(ヤケド)を与える治療
 ですので、必ず経験のある美容外科医にやってもらいましょう。


       サーマクールのデメリット

  1. 宣伝されてるほどの効果はない
  2. フェイスリフトと同じ程度の効果は期待できない
  3. 照射部分の皮膚の陥没、赤みなどのトラブルがある


 以上のような副作用があることも認識しておく必要があります。

 やはり、十分な事前調査は必要ですよね?
 しっかり調べて、安心できるクリニックを選んでください。


   お役に立ちましたら → 人気blogランキングへ

   フェイスリフトのデメリット@フェイスリフトで失敗しないために
 

切らないフェイスリフト

サーマクールのデメリット

 
  フェイスリフトデメリットフェイスリフトで失敗しないために
 
 切らないフェイスリフトの一つに、サーマクールがあります。

 特殊な光を肌に与えて損傷させ、その回復を促す過程において
 コラーゲンが増えたり脂肪がちじんで小顔になったりするらしい

    サーマクールデメリット

 デメリット1. サーマクールは痛い(肌の奥まで通るので痛い)

 デメリット2. サーマクールは脂肪がちじみすぎてへこむこともある

 デメリット3. サーマクール後の腫れやむくみ

 デメリット4. サーマクールは50代以降には効果は少ない

 デメリット5. サーマクールは1・2ヶ月ごとに行う必要がある 

 デメリット6. サーマクールの持続期間は約1年

 手軽ではあるけれど、サーマクールだけでは不満かな?
 切らないフェイスリフトとしては、しょうがないか。。。


  リフトアップして ブログにクリック → 人気blogランキングへ

 

切らないフェイスリフト

切らないプチフェイスリフト

 
    フェイスリフトデメリットフェイスリフトで失敗しないために

 切らないフェイスリフトにも、いくつかあります。

 切らないプチフェイスリフトと呼ばれるものです。

 特殊な専用の糸を、顔の数ヶ所に埋め込んでほったらかします。
 すると、1週間から3ヵ月後くらいにたるみが良くなったと
 実感できるようです。

 その後も、糸がしっかり固定されて効果が続くそうです。
 糸が皮下組織になじんで肌を引き上げてくれるらしい。

 フェザーリフト・ケーブルリフト・ロシアンリフト・ゴールデンリフト(金の糸)
 などと呼ばれてます。

    プチフェイスリフトデメリット

 デメリット1. 施術後のむくみ・内出血
 
 デメリット2. 頬のひきつれ
  
 デメリット3. 1週間後に抜糸の必要
           (ケーブルリフトのみ)
 
 デメリット4. 持続効果が短い(半年という例も)
 
 デメリット5. 万一糸が飛び出してきたら、再手術で大きな傷に


   う〜〜ん、怖いのかも? >フェイスリフト
  でも、最近は、肌に吸収される糸もあるみたい・・・!


  リフトアップして ブログにクリック → 人気blogランキングへ

  
 


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。