美容整形のデメリット
プチ整形で失敗しないために


スポンサードリンク

フェイスリフトの部位

フェイスリフトの部位

目の下のたるみを取るには?

    フェイスリフトのデメリット@フェイスリフトで失敗しないために


 目の下のたるみも、年行ってくると気になりますよね
 
 目の下がたるんでくる原因には

    1. 皮膚そのもののゆるみ
    2. 目のまわりの筋肉のゆるみ
    3. 目の穴の脂肪をかこんでいる膜のゆるみ

 
 レーザーや光治療で、多少の効果はあるようですが、やはり 

    切って 縫う のが最も有効なようです

 下まぶたのギリギリのところを切って、筋肉や皮膚を上に吊り上げ
 余った皮膚を切り取って、縫う という手術がありますね

 これは、成功すればかなり効果的で見栄えのする結果が得られるよう
 ですよ、 成功すればね。。。

 ただ、人は常に、生きている以上、老化していくものですから
 時間がたてば、またたるんでくるのは仕方ないことでしょう


   お役に立ちましたら → 人気blogランキングへ
              ブログトップランキング

   フェイスリフトのデメリット@フェイスリフトで失敗しないために

 

フェイスリフトの部位

ほうれい線のフェイスリフト


  フェイスリフトデメリットフェイスリフト失敗しないために

 フェイスリフトの手術を受けたい方で気になるのがほうれい線でしょう。

 ほうれい線(法令線)は、小鼻の横から口元にかけて出るしわのことです。
 ほうれい線(法令線)には個人差があり、若くても深く目立つ人
 中年になってもあまりほうれい線が目立たない人もいます。

 ほうれい線が深くなるといかにも老けた印象を与えますよね。
 特に写真を取ったときなどは最も年齢を感じさせるところですね。

 フェイスリフトの施術の中で最も効果が出やすいのがほうれい線
 言われています。

 顔形にもよりますが、ほうれい線は顔の中心にあるので、気になさる
 方は多く、フェイスリフトをやってみようかと思うきっかけが
 ほうれい線だそうです。

 頬からこめかみにかけて、引き上げるわけですから、ほうれい線
 効果があるのは納得できます。

 問題は、ダウンタイムの長さ、後遺症、施術の失敗による顔のゆがみ
 などでしょうね。

 ほうれい線は気になるけれど、施術の失敗はイヤ。。。

 じゃあ、どうすればいいの???

 色んなクリニックの情報を集めて、比較検討しましょう。
 その上で、直接インフォームドコンセプトを受けましょう。


    お役に立ちましたら → 人気blogランキングへ

  フェイスリフトのデメリット@フェイスリフトで失敗しないために 

フェイスリフトの部位

ミニリフトのデメリット

   フェイスリフトデメリット
      フェイスリフトで失敗しないために

 
 頬のたるみを取るのに、ミニリフトと呼ばれるフェイスリフトがあります。

 ミニリフトに入るのは、頬だけ、額だけ、首だけ、とかです。

 いずれにしても、皮膚を切開して、皮膚の下の筋膜(SMAS)までも 
 吊り上げて縫うわけですからリスクはあります。

      ミニリフトデメリット

 デメリット1. 耳の前に傷は残る
 デメリット2. 術後、腫れる可能性あり
 デメリット3. 顔面神経を傷つけたら、麻痺して戻らない
 デメリット4. 吊り上げ方が下手だと、引きつった顔になる

 顔全体のフェイスリフトに続べれば、術後のダウンタイムは
  (腫れや熱が引いて元の状態に戻るまでの時間)
 短いけれど、フェイスリフトであることに変わりはなく
 熟練した形成外科医を選ぶことは重要です。

 フェイスリフトをしようかな? と思っているのであれば
 十分に情報を集め、担当医と納得できるまで話し合うことも非常に大切です。
 

  リフトアップして ブログにクリック → 人気blogランキングへ

フェイスリフトのデメリット@フェイスリフトで失敗しないために
   

フェイスリフトの部位

額のフェイスリフト

 
 フェイスリフトデメリットフェイスリフトで失敗しないために

 おでこ)のフェイスリフトなら、内視鏡を使うクリニックが多いみたい。

 内視鏡を使うフェイスリフトのメリット

  1. 傷が目立たない(髪の毛の中)
  2. 切らないから回復が早い(1日〜3日)
  3. 比較的軽い額のしわ取りに効果的

 内視鏡を使うフェイスリフトデメリット

  デメリット1. 時間がかかる(4〜5時間)
  
  デメリット2. 顔全体のたるみ取りは無理
  
  デメリット3. 深いしわには、あまり効果がない

 フェイスリフト料金 

    200000円 〜 800000円

 フェイスリフト料金には、前処理代や麻酔代が別にかかりますよ!


  リフトアップして ブログにクリック → 人気blogランキングへ


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。