美容整形のデメリット
プチ整形で失敗しないために


スポンサードリンク

レーザー光線のメリットデメリット

フォトフェイシャルとは?

  最近、美容整形の中でも切らないプチ整形が増えていますね

それらの中でも、レーザー光線によるアザ・しわ取りだけでなく、フォトフェイシャルとか、フラッシュIPLと呼ばれるものがあります

レーザー光線は、一点集中なのに対して、フォトフェイシャル・フラッシュは、広範囲に弱いエネルギーを発射します

レーザーが、アザ治療に利用されていて、皮膚がポロっとはがれるのに較べたら、フォトフェイシャル・フラッシュは、顔全体の赤みを取ったり、全体のシミ・しわ取りに効果があります

また、極端な言い方をすれば、黒にしか反応しないレーザーではなく、たとえば赤い色に反応してくれれば、顔の赤みが取れるということも可能だと思いませんか?

それぞれの色によって反応するレーザー光線を組合わせて照射すれば
赤ら顔にも効果的で、たるみやキメにも効果があるわけです
そういう意味で、さまざまなレーザーを組み合わせたものがフォトフェイシャル・フラッシュであると言えますね

ただ、1回で満足のいく結果はむずかしいでしょう
何度か繰り返し、フォトフェイシャル・フラッシュを受ける必要がありますよね

顔の1ヶ所のシミやアザではなく、顔全体のくすみやたるみ、また赤ら顔を治したいというのであれば、フォトフェイシャル・フラッシュIPLなどが有効なわけです

 フェイスリフトのデメリット@フェイスリフトで失敗しないために
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバック


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。