美容整形のデメリット
プチ整形で失敗しないために


スポンサードリンク

フェイスリフトの部位

ほうれい線のフェイスリフト


  フェイスリフトデメリットフェイスリフト失敗しないために

 フェイスリフトの手術を受けたい方で気になるのがほうれい線でしょう。

 ほうれい線(法令線)は、小鼻の横から口元にかけて出るしわのことです。
 ほうれい線(法令線)には個人差があり、若くても深く目立つ人
 中年になってもあまりほうれい線が目立たない人もいます。

 ほうれい線が深くなるといかにも老けた印象を与えますよね。
 特に写真を取ったときなどは最も年齢を感じさせるところですね。

 フェイスリフトの施術の中で最も効果が出やすいのがほうれい線
 言われています。

 顔形にもよりますが、ほうれい線は顔の中心にあるので、気になさる
 方は多く、フェイスリフトをやってみようかと思うきっかけが
 ほうれい線だそうです。

 頬からこめかみにかけて、引き上げるわけですから、ほうれい線
 効果があるのは納得できます。

 問題は、ダウンタイムの長さ、後遺症、施術の失敗による顔のゆがみ
 などでしょうね。

 ほうれい線は気になるけれど、施術の失敗はイヤ。。。

 じゃあ、どうすればいいの???

 色んなクリニックの情報を集めて、比較検討しましょう。
 その上で、直接インフォームドコンセプトを受けましょう。


    お役に立ちましたら → 人気blogランキングへ

  フェイスリフトのデメリット@フェイスリフトで失敗しないために 
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバック


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。