美容整形のデメリット
プチ整形で失敗しないために


スポンサードリンク

フェイスリフトの料金

フェイスリフトでは健康保険が使えない


     フェイスリフトデメリットフェイスリフト失敗しないために

 フェイスリフト料金について

 日本の健康保険法では、「美容外科」と「人間ドック」には保険は
 使えないと明記されています。

 ただし、一部の疾患には、健康保険が適用される場合もあります。

  眼瞼下垂(生まれつきもあれば、コンタクト使用によるものもある)
  耳の変形や埋没(ボクサーには付き物)
  わきが
  真性包茎
  乳頭の陥没(授乳ができません)
  乳頭の再建(乳ガンなどで切除した後の処置)

 しかし、その処理の仕方(手術)によっては、健康保険が適応されない
 場合もあり、その時は自己負担になります。

 健康保険が適応される手術をするか?
 健康保険は適応されないけど、仕上がりがいい手術にするか?

 どちらを選ぶかは、よく美容外科医の話を聞いて、あなた自身で
 決めてください。


   リフトアップして ブログにクリック → 人気blogランキングへ

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバック


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。