美容整形のデメリット
プチ整形で失敗しないために


スポンサードリンク

切らないフェイスリフト

切らないプチフェイスリフト

 
    フェイスリフトデメリットフェイスリフトで失敗しないために

 切らないフェイスリフトにも、いくつかあります。

 切らないプチフェイスリフトと呼ばれるものです。

 特殊な専用の糸を、顔の数ヶ所に埋め込んでほったらかします。
 すると、1週間から3ヵ月後くらいにたるみが良くなったと
 実感できるようです。

 その後も、糸がしっかり固定されて効果が続くそうです。
 糸が皮下組織になじんで肌を引き上げてくれるらしい。

 フェザーリフト・ケーブルリフト・ロシアンリフト・ゴールデンリフト(金の糸)
 などと呼ばれてます。

    プチフェイスリフトデメリット

 デメリット1. 施術後のむくみ・内出血
 
 デメリット2. 頬のひきつれ
  
 デメリット3. 1週間後に抜糸の必要
           (ケーブルリフトのみ)
 
 デメリット4. 持続効果が短い(半年という例も)
 
 デメリット5. 万一糸が飛び出してきたら、再手術で大きな傷に


   う〜〜ん、怖いのかも? >フェイスリフト
  でも、最近は、肌に吸収される糸もあるみたい・・・!


  リフトアップして ブログにクリック → 人気blogランキングへ

  
 
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/18735407
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。
この記事へのトラックバック


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。