美容整形のデメリット
プチ整形で失敗しないために


スポンサードリンク

シワとたるみ

しわに効く?顔面ヨガ

    顔面ヨガは顔のシワに効く???

以下YAHOOニュースより転載

顔のシワ軽減にはボトックスと呼ばれる注射や美容整形などの選択肢があるが、一部のニューヨーカーの間では、若々しい肌を保つために効果があるとして「顔面ヨガ」が注目を浴びている。
 富裕層が多いとされるマンハッタンのアッパー・イーストサイドにあるヨガ教室では、インストラクターのアネリス・ハーゲンさんが、顔の筋肉を伸ばしたり整えたりするための顔面エクササイズを教えている。
 同エクササイズに参加している女性たちは、舌を出して目を動かす「ライオン」と呼ばれるエクササイズなどを行う。ハーゲンさんは、その「表情」を60秒間維持することを奨励。さらに「(この顔面エクササイズは)いつでもできる。電車で座席を確保する際に手助けにもなる」と冗談交じりで話した。
 ハーゲンさんは、顔の筋肉は弱ったりたるんだりするものだと指摘。しわを減らすには定期的なエクササイズと血液循環をよくすることが効果的だとしている。

以上抜粋

顔面ヨガなら無料でいつでもどこでも一人で出来ますよね♪
失敗やリスクの心配もないでしょうし、いいかもしれませんね♪

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070906-00000524-reu-ent

 フェイスリフトのデメリット@フェイスリフトで失敗しないために

レーザー光線のメリットデメリット

フォトフェイシャルとは?

  最近、美容整形の中でも切らないプチ整形が増えていますね

それらの中でも、レーザー光線によるアザ・しわ取りだけでなく、フォトフェイシャルとか、フラッシュIPLと呼ばれるものがあります

レーザー光線は、一点集中なのに対して、フォトフェイシャル・フラッシュは、広範囲に弱いエネルギーを発射します

レーザーが、アザ治療に利用されていて、皮膚がポロっとはがれるのに較べたら、フォトフェイシャル・フラッシュは、顔全体の赤みを取ったり、全体のシミ・しわ取りに効果があります

また、極端な言い方をすれば、黒にしか反応しないレーザーではなく、たとえば赤い色に反応してくれれば、顔の赤みが取れるということも可能だと思いませんか?

それぞれの色によって反応するレーザー光線を組合わせて照射すれば
赤ら顔にも効果的で、たるみやキメにも効果があるわけです
そういう意味で、さまざまなレーザーを組み合わせたものがフォトフェイシャル・フラッシュであると言えますね

ただ、1回で満足のいく結果はむずかしいでしょう
何度か繰り返し、フォトフェイシャル・フラッシュを受ける必要がありますよね

顔の1ヶ所のシミやアザではなく、顔全体のくすみやたるみ、また赤ら顔を治したいというのであれば、フォトフェイシャル・フラッシュIPLなどが有効なわけです

 フェイスリフトのデメリット@フェイスリフトで失敗しないために


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。